TOP

やめようと思ってもついつい風俗に足を運んでしまうアナタのための体験談!

すすきので電マに嫉妬

嫉妬してしまったんですよ…。それは人間相手ではありません。電マです。先日のすすきのデリヘルではオプションで電マを選んでみたんです。ちなみに電マを持ったのも初めて。動画では電マはよく見かけますけど、風俗はおろか人生でも現物を女の子に当てたのは初めてでした。でもその電マですが、想像以上に凄いんですよ。振動力とかパワーとか。あと持続力ですよね。自分が同じことが出来るかと言われれば確実に不可能です。あんなこと出来る訳がありません。でもだからこそ、女の子も相当気持ちよさそうだったんですよ。電マにずっと攻められていた彼女は、途中からどんどん物凄いことになっていきました。まさかというよりも、そこまで気持ち良いのかっていう驚きと言った方が良いのかもしれません。そんなことを思いつつ、彼女に対して電マの手をゆるめませんでしたら潮吹きまでしちゃっていました。自分でさえしたことがないんです。嫉妬するのも仕方ないんじゃないかなって。またすすきののデリヘルを利用するときは電マ使うかも・・。

すすきのデリヘルに求める刺激が分かってきた

最近ですが、ようやく自分がすすきのデリヘルに求める刺激が分かってきたような気がします。これまでその部分はそこまで意識したことはなかったんですよね。でも自分自身でいろいろと考えるようになって、自分が何を求めているのかがようやく分かってきたんです。それはきっと「非日常」なんだなと。デリヘル以外でも出来るのか、それともデリヘルでなければ出来ないことなのか。この違いって結構大切なんじゃないかなと思うようになったんですよ。そしてこの線引きを自覚するようになってからデリヘルの楽しさが高まったような気がします。例えばですが、妻が微乳なので巨乳を選ぶようにとか、セフレがそこまでフェラが上手ではないのでフェラの上手な子…とか、自分の環境と照らし合わせて、日常生活の中で得られない喜びをもたらしてくれるのは誰なのかってことをしっかりと考えた上で楽しむようにしています。些細なことかもしれませんが、これは自分にとってかなり大切かなって思っています。